天国へ

懸賞 2012年 10月 19日 懸賞


無事、葬儀も終わり
父は旅立ちました。

日曜に肺炎で二週間ぐらい入院すると聞いて
顔を見に早速行ったら
口にはチューブを入れられ手足は拘束された状態。
「何?なんなの」
声も出せず、
手を握り締めて「父さん、私だよ、シュートも姫もいるよ」
うなずいていたのに・・・

夜中、義弟から電話をもらい
「姉ちゃん、病院から電話きたわ。危ないって」
旦那をたたき起し
急いで病院へ。
もう微かにあいた目からは涙がこぼれおち
それをティッシュで拭ってあげて。
「父さん、頑張って。皆いるからね」

どれぐらい時間がたっただろうか・・・
先生がきて
「ご臨終です」と・・・

私と父は喧嘩していたのだ。
だからしばらく声も聞いていないし
最後に話したのが
退院の報告だった。
意地はってないで電話すればよかった。それが悔やまれてならない。

葬儀は家族葬で小さくするつもりだったけど
思ったより大規模になった。
私はお通夜の夜、線香番をしてて
睡眠がとれなかったせいか
激しく体調を崩し
葬儀一日を何とか乗り切り
喪服姿で病院へ行き注射を打ってもらい・・・
その夜は睡眠薬でこんこんと眠った。

いまだに父が他界したとは信じられない。

三姉妹の長女なのに
一番心配かけたと思う。
小さいころからの想い出がよぎる。

偏屈で頑固な性格な父だったけど
もうちょっと

生きてて欲しかったな。

シュートは最後に顔を見る時泣いてた。
姫は葬儀が終わった晩の寝る前に
「じじにもう会えない~~」とぎゃん泣きした。

父さん、孫達も悲しんでいますよ。

そして私も、姉妹達も・・・

母さんは私達が守ります。

安心して、向こうで好きな煙草とお酒をじゃんじゃんやって下さいね。

ありがとう、そしてさようなら
[PR]

by rettuko | 2012-10-19 11:23 | 育児、生活 | Comments(4)

Commented at 2012-10-19 14:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by れがさん at 2012-10-20 18:11 x
お父さまのこと、お悔やみ申し上げます。
家族との突然の別れ、実感がわかないのもわかります。
たくさん泣いてあげましたか?
たくさん泣いて送ってあげるといいと聞きます。
お父さまは今後もreeさんを優しく見守ってくれていますよ。
私は近くに両親がいないけど、だからこそ大切にしたいと思いました。
Commented by ree at 2012-10-21 14:16 x
非コメさま

お悔みの言葉ありがとうございます。
突然でしたが何とか気持ちの整理もつき
今日初七日で実家でお参りしてきました。
姫の七五三を楽しみにしていたので
晴れ姿を見せれなくて残念。
そして喧嘩したままいってしまったのが悔やまれるけど
きっと天国でも私の心配してるんじゃないかな。
心配してくれてありがとうね。
Commented by ree at 2012-10-21 14:25 x
れがさん、お悔みの言葉ありがとう。
今日初七日でした。
実家でしっかりお参りしてきましたよ。
えぇ、沢山泣きました。
私は普段沢山精神薬を飲んでるから
感情が漂白されたようになって
泣く事も、笑う事もほとんどないのですが
父のお別れに沢山泣きました。
きっと心配してると思う。
あまりにも突然で、受け入れるのが難しいけど
孫の顔を見せれたからよかったかな。
五人孫がいて、皆大騒ぎしながら送ったから
寂しくないんじゃないかな。
後は姉妹で母を守って行こうと思います。
ありがとね、れがさん。

<< 清治 懸賞 急死 >>